Blogブログ

スタッフがお届けするブログです。

美容師の将来とは…①

木場 美容室 arbre 浅見です☆

美容師のイメージって

「つらい」「勤務時間が長い」「給与が安い」

みたいなネガティブなイメージが強いですよね

先日見た記事で

(内容は美容師ではなくパティシエの事)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00010000-nishinp-soci

非常に難しい問題ですね

もちろん、規定以上の労働時間はダメですし

何より残業代を支給しないのもNGですね。

美容業界はもちろん既に対応が始まっていて問題が起きないように就業時間の管理を行っています。

店としても本人としても技術や接客が向上する事は望んでいるのですが、そのトレーニングに使う時間の問題だけでなく…

指導者のレベル・教える内容・本人のやる気

などなど問題は沢山あるのが現状です。

どの美容室も技術マニュアルを作成したり

昔は教えていた事でも現在必要のない事は教えなかったり

勤務時間中に練習をさせたり

色々工夫はしてるんですよね。

でもある程度のレベルになるためには

どうしても経験が必要です。

カットウィッグ(人形)で勉強できるのは基本的な事が多いですし、実際にカットモデルや少しずつお客様を担当しながら応用を学んでいく事も非常に重要です。

私の勝手な意見ですが…

美容師ってお客様と直に接する職業なので

35歳とか40歳になった時に

「はい!お客様を担当できるようになった!」

では遅い気がします…

イヤイヤ!無理ではないですし、そうしてる方もいらっしゃると思うので駄目という事ではありません。

どちらかというと

「いつかは自分で店を持ちたい!」

と思っている美容師さんですね。

最近、20歳の男性美容師が新しくarbreに加入したのですが

やはりインターネットの普及もあり

私が20歳の頃と比べると圧倒的に知識があります。

最新の情報だけでなく、動画も観れますので昔よりも成長速度はあげられるはずなんですよね。

でもそんな環境でも成長しない美容師は沢山います

それは

「やらされているから」です。

向上心ってとても大切で

同じ時間練習しても

「自分でやれる人」と「やらされている人」

では、まったく成長が違うのは明らかです。

自分でやれる人は目標があるからじゃないでしょうか?

美容師の目標って何だろ??

それは

…「美容師の将来」その②に続く

関連記事