Blogブログ

スタッフがお届けするブログです。

紫系カラーが秋にオススメのカラーリング

 

 

今日のブログですが

 

秋のカラーというと、どういったカラーを連想されますでしょうか?

 

ブルージュやグレージュ?

 

確かに彩度低めでモノトーンぽくて秋っぽいですね

 

カーキやセピアなどのマット系?

 

枯葉や落ち葉を連想させて秋っぽいですね

 

しかーし完全に個人的な意見ですが

 

秋カラー🌰というと

 

一番最初に連想するのって

 

紫系のカラー

 

なんですよね(あれ?僕だけかな?)

 

美容室でも秋のオススメカラーで

 

紫系統のカラーをオススメされた事のある人って

 

結構多いと思うんですよね

 

と言うわけで今日は

 

何故紫系のカラーが秋にオススメなのか

 

というブログです🙌

 

 

夏のダメージ

 

 

秋は夏に受けたダメージが表に現れる季節です

 

  • 紫外線によるダメージ
  • 海や川に行った事によるダメージ
  • レジャーなどで長時間外にいる事で起きるダメージ

 

ダメージがあると髪がどうなるか

 

目で見て一番分かりやすいところで行くと

 

髪が明るく退色します

 

それもパサついた様に退色します

 

日本人の髪は色が抜けてくると

 

赤味や黄色味がでてくるようになります

 

髪が黄色く抜けてくると

 

    ダメージしてるように見えたり
    パサついて潤いが無く見えたり

 

します

 

そこで活躍するのが紫です

 

 

これは色相環というもので

 

色同士の関係性を表してる図なんですが

 

この図を見ると見ると

 

黄色の反対にある色は青紫です

 

黄色と青紫は補色という関係で

 

絵の具で黄色と紫を混ぜると

 

補色で打ち消しあい灰色になります

 

ヘアカラーの場合は灰色にはなりませんが

 

痛んで見える黄色を紫が打ち消してくれて

 

落ち着いた色味になります

 

さらにカラー後も黄色味がでにくくなるので

 

ダメージを感じさせずらいカラーになります

 

 

色の重さ

 

 

あと余談になりますが

 

色に重さがあることはご存知でしょうか?

 

 

 

 

白が一番軽く黒が一番重いのですが

 

これはそれを数値化したもので

 

紫は黒とほぼ同じくらい重く感じる色で

 

重量色とも言われています

 

なので秋の落ち着いた雰囲気にピッタリと言えますね!

 

実際に紫系のカラーで染めたお客様です

 

 

青多めの紫で黄色味をできるだけ抑えた配合です

 

 

いかがでしょうか?

 

ツヤ感や潤い感が出ているかと思います👏

 

というわけで

 

何故秋に紫系のカラーがオススメなのか

 

というブログでした

 

では!

 

 


instagram更新中です♪

是非ご覧ください♪(´ε` )


関連記事