Blogブログ

スタッフがお届けするブログです。

  • HOME
  • ブログ
  • お客様カラー 赤みを抑えられるカラー ヴィンテージカーキ(緑系カラー) |馬場

お客様カラー 赤みを抑えられるカラー ヴィンテージカーキ(緑系カラー) |馬場

こんにちは!

木場の美容室foretスタイリスト馬場です!

今日は実際にご来店いただいたお客様のカラーをご紹介します♪(´ε` )

 

過去のお客様カラーはこちらからご覧ください♪

https://arbre-hair.com/tag/%E3%81%8A%E5%AE%A2%E6%A7%98%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC/

 

カラーリングをするに当たり、お客様からよく言われるのが

赤みを抑えたんですけど…

というオーダーです。

これは、結構な割合でお願いされます👀

もともと日本人の髪は、明るくすると赤みが出やすいです!

何故赤みが出やすいかはこちらのブログで↓

髪の赤みを抑える方法は2つあります

1つは

  • 1度ブリーチをしてから再度カラーリングをするダブルカラーをする

もう1つは

  • 赤みが出にくくなるように寒色系の濃いめの色を入れる

特に赤の反対色の緑系のカラーリングがオススメ!(例 マット カーキ オリーブ など)

今回のお客様も『赤みをおさえたカラーリングにしたい』と言うことだったので

ヴィンテージカーキと言うカラーで染めていきました!

ブラウンなどで明るくしていくよりも

赤みが出にくく少し燻んだ感じになってますね!

ブリーチしないで赤みをおさえたい場合は濃いめの寒色がオススメです!

ブラウンなどだと赤みが含まれているので髪の赤みを抑える事は出来ないし

淡い色の寒色系カラーだと赤みをカバーしきれないので

濃いめの寒色系ポイントです!

 

濃いめのカラーリングなので、明るいトーンにはできませんが

 

暗めのカラーリングでも重い印象にはなりにくいです!

 

むしろ色がしっかり入っているので退色していく過程でも赤みが出にくく

 

綺麗に色が抜けていくので、退色していく過程も綺麗に楽しめますよ♪

 

 

以上今日はオススメのカラーリングのブログでした!

 

色々なカラーを楽しんでいきましょう♪(´ε` )

 

では!

 

 


 

instagram更新中です♪

是非ご覧ください♪(´ε` )


関連記事